ワキガの人の習性や性格・性質は?

目次

ワキガの人の習性&性質の特徴

ワキガ対策の話は、ひとまず置いておいて、私自身の体験を話してみます。

私自身もワキガに悩まされた一人です。

というのが、私の父が(ワキガを含め)体臭のスゴイ人なのです。

その臭いのスゴさと言ったら、とてつもないのです。

脱いだ服も臭うし、一日中、部屋全体が臭いで充満している日々。

父がそこにいなくても、ニオイだけが残り、さっきまでココにいたんだなと、分かるくらい残り香も強い。

非常に失礼な表現だと思いますが、

まさに「体臭」という名の「濃い香水」をつけている状態、なのです。

ワキガの父の行動&習性

父は若い時、ワキガの治療(ワキを切開するタイプの施術)をしたようですが、

体臭そのものは、何も改善されていません。

また、よく汗もかく方で、お風呂には欠かさず入り、夏には汗をかくたび、一日何度もシャワーを浴びます。

お風呂にはあまり入らず、着替えたりもしないので、だから臭う、というのなら少しは納得できるのですが、

普通の人以上に、お風呂に入る回数も多く、汗をかいたら直ぐに着替えたりもしているので、

不潔からくる臭いでもありません。

それなら、なぜ臭うのか?

その原因を観察してみると、

やはり、食べ物。

臭いがキツイものばかりを好んで食べています。

体臭のキツイ人の特徴!?

体臭に悩んでいる方全般の特徴という訳ではありません。

あくまで私の父の話です。

体臭の強い父は、自分の体臭には、無頓着です。

それだけなら、まだマシなのですが、人のニオイ(自分以外の人の体臭)には、敏感なのです。

自分自身のニオイには慣れているせいか、何も気にせず、他人が臭っていると、厳しく指摘してくるのです。

自分の欠点は棚に上げておいて、人を責めてくるという、あの「お約束の習性」です。

そういう意味では、決して臭覚は鈍感なのではなく、

自分の体臭を客観的に捉えられない習性があるのだと思います。

自分の体臭を客観的に把握するにはどうすればいい?

TOP
目次
閉じる