ニオイが強い人の食事の仕方・食事内容

目次

ニオイがする食事の種類と継続

ニオイの強い人は、どうやら同じものを食べる嗜好があるようです。

またそれを食べる頻度や量も多い傾向があります。

別の言い方をすれば、食べ方(食事に対する)接し方・とらえ方が、通常に比べ、適切ではないとも言えます。

例えば、

  • 高カロリーなものをより好む
  • 偏食しがち
  • 刺激物をよく食べる
  • 味の濃いものが好き などなど…

上記の例は、よくある例えとして出てきますが、具体的に言うと、どういう事になるのでしょうか?

  • 肉類
  • 海産類
  • 強香類
  • 酒類
  • インスタント類 などなど…

肉類では、主に豚肉・牛肉などの方が鶏肉よりニオイがきつくなりやすい。

海産類では、イカ・タコ・生魚など

強香類では、ニンニク・ニラ・キムチ・らっきょう・スルメ・(焼き肉などの)タレ・トマトジュースなど

また酒類では、アルコール飲料全般

インスタント類では、ラーメン・生みそ系味噌汁など

継続が一番のポイント

ここで勘違いしてほしくないのは、

上記の食物を頻繁に継続して食べない限り、たいして体臭に影響はありません。

あくまでも、毎日のように、さらに量も多く取るなど、日常的に継続してしまうと、体臭に影響し始めるということです。

どれぐらいの頻度で、どの程度の量を口にすれば影響が出るかは、体質・体型なども含め、人により差はありますが、たとえ少量ずつでも、ほぼ毎日にように口にすれば、影響が出る可能性は高くなります。

やはり良くも悪くも継続するというのが、一番影響を与えます。

食べたものが臭いになる?!それが体臭の仕組み?!

TOP
目次
閉じる